step01

レジスタードパートナー / お申し込み

エリートパートナー / お申し込み

この度は、「デジタルアーツ ビジネスパートナー プログラム」新規入会のお申し込みをご希望いただき、誠にありがとうございます。
お手数ですが、下記フォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。

必須の画像がある欄は必須項目になります。お手数ですが、必ずご入力ください。
パートナーの選択
レジスタードパートナー

「デジタルアーツ ビジネスパートナー プログラム」に賛同いただき、 各地域においてエンドユーザー向けに弊社製品をご提案いただける企業様向けの支援プログラムです。

Registered Partner

必須会社名
必須ご芳名 姓       名  
必須E-Mailアドレス 例:abc@daj.co.jp
 フリーメールアドレスでのお申し込みはご遠慮ください。
必須
E-Mailアドレス (確認用)
弊社パートナー制度を
知ったきっかけ必須
  • * の項目を選択された場合、入力欄は必須になります。

(販売パートナー様名:
(弊社営業の名前:
(その他のきっかけ:

■「デジタルアーツ ビジネスパートナー プログラム(以下本プログラム)」へのご参加にあたり、本プログラムの内容にご同意いただく必要がございます。
 本「『デジタルアーツ ビジネスパートナー プログラム』参加規約」の内容をご確認いただき、ご同意ください。

■デジタルアーツ ビジネスパートナー プログラム参加規約


この参加規約(以下「本規約」といいます。)は、デジタルアーツ株式会社(以下、「弊社」といいます。)が主催する以下に定めるデジタルアーツ ビジネスパートナー プログラム(以下「本プログラム」といいます。)に応募および参加するに際して、遵守していただく事項を定めています。本プログラムに応募することにより、本規約に同意したものとみなされます。


1. 定義

(1) 「パートナー様」とは、本規約に同意して本プログラムへの参加を申し込み、弊社が参加を認めた企業をいいます。
(2) 「エンドユーザー様」とは、パートナー様またはパートナー様が取引する販売店等を通じて、弊社製品を購入・利用する弊社製品の最終利用者(弊社との間で弊社製品に係る契約を締結した者に限ります。)をいいます。
(3) 「参加申込希望者」とは、本規約に同意して本プログラムへの参加を申し込む企業をいいます。
(4) 「本申込書」とは、本プログラムに応募する際に応募者が必要事項について記入する申込書をいいます。(5) 「各種提供物」とは、弊社がパートナー様に対し、本プログラムに基づき提供する提供物(有形無形を問いません。)の総称をいい、その複製物も含みます。
(6) 「個人情報保護法」とは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)をいいます。
(7) 「個人情報」とは、個人情報保護法第 2 条第 1 項に定める個人情報をいいます。


2. 本プログラムの目的

本プログラムは、弊社からパートナー様の様々なビジネスニーズに応じた案件獲得施策を提供することで、パートナー様からエンドユーザー様への弊社製品の提案・販売等を促進し、案件を創出することを目的としています。


3. 応募資格

本プログラムへの応募は、会社法(平成17年7月26日法律第86号)に基づき設立された法人に限ります。


4. 本プログラムへの参加費用

本プログラムへの参加費用は無償とします。ただし、弊社が別途、参加費を設定して通知するイベント等について、パートナー様が当該条件を承諾して参加した場合は、この限りではありません。


5. 本プログラムへの参加申込等

(1) 参加申込みを希望する参加申込希望者は、本規約その他弊社が別途定める諸条件に同意のうえ、本申込書に必要事項を入力のうえ弊社に提出するものとします。
(2) 弊社は、弊社所定の審査により参加申込希望者の本プログラムへの参加の諾否を決定し、その結果を参加希望者に通知します。
(3) パートナー様は、本申込書に記載した事項に変更がある場合には、事前に弊社所定の手続に基づき弊社に届け出るものとします。弊社は、弊社からパートナー様へ個別に郵送等の通知を行う場合において、届出のあったパートナー様の連絡先への送付等をもって、その通知を行ったものとし、弊社の故意・重過失がある場合を除き、通常到達すべき時に通知がなされたものとします。
(4) パートナー様は、本プログラムへの参加を中止する場合には、弊社所定の手続に基づき弊社に届け出るものとします。


6. 本プログラムの提供開始時期

(1) 本プログラムの提供は、前項(2)にて弊社より参加申込希望者が本申込書に記載した連絡先に参加許諾の通知を行うと同時に開始されるものとします。
(2) 弊社は、本プログラムへの参加申込みを行った参加申込希望者が、次のいずれかに該当すると判断した場合、前項の参加許諾をしない場合があります。
ア 過去(前項(1)の申込みをした時点を含みます。)に弊社との契約違反等により許諾が撤回され、または本プログラムへの参加が取り消されたことがある場合
イ 本申込書の内容に虚偽の記載、誤記または記入漏れがある場合
ウ 弊社の競合企業であると弊社が判断した場合
エ 別途定める資格要件を満たしていないと弊社が判断した場合
オ その他弊社がパートナー様とすることを不適当と判断する場合
(3) 弊社は、参加申込みを許諾した後であっても、当該参加申込希望者が前(2)各事項のいずれかに該当することが判明した場合、許諾を撤回できるものとします。
(4) パートナー様は、本プログラムの目的にかかわらず、別段の合意がない限り、本プログラムへの参加や参加の継続が、弊社や弊社が紹介する第三者との間での製品やサービスの販売、業務の受託等の対価を得られる取引の発生などといった利益の獲得を当然に確約するものではないことを予め承諾するものとします。


7. 本プログラムの運営

弊社は、パートナー様のメールアドレスへのメール配信または弊社Web サイトへの掲示等弊社が適当と判断する方法によりパートナー様に対し案件獲得施策または次に掲げる目的に基づく情報等を提供することで、本プログラムの運営を行います。

(1) 本プログラムの運営
(2) 本プログラム特典および本プログラムに関する情報の提供(プロモーション情報ならびにイベントおよびトレーニングの機会に関する情報を含みますが、これらに限定されません。)
(3) 調査および研究への参加案内


8. 本プログラムの特典

弊社はパートナー様が以下のいずれかに該当した場合、催告をせず直ちに本プログラムの提供を停止できるものとします。

(1) パートナー様は、弊社が別途定める特典の提供を受けることができるものとします。特典は、本プログラムへの登録内容によって異なる場合があります。
(2) パートナー様に対する特典の通知は、別途弊社が定める方法で行います。
(3) 弊社は、個別の特典の提供にあたり、本規約の他に別途適用される条件を定めることができるものとし、パートナー様は、当該条件について承諾しない場合、当該特典の提供を受けられない場合があることを予め承諾するものとします。


9. 各種権利の帰属等

本プログラムおよび本プログラムにて弊社からパートナー様に提供する各種提供物に関する著作権、特許権、商標権、意匠権その他のすべての知的財産権は、弊社に帰属します。パートナー様は、第三者に対して、本規約に基づく一切の権利または義務について、第三者への譲渡、承継、担保供与その他一切の処分をしてはならないものとします。


10. 禁止事項

パートナー様は、本プログラムに参加中に次の各号の行為を行ってはならないものとします。

(1) 本プログラムで提供される情報等を、商業目的で不特定多数の者に閲覧・利用させる行為
(2) 本プログラムで提供される情報等のうち、営業機密に該当する情報を第三者に開示し、漏洩する行為
(3) 公序良俗に反する行為または公序良俗に反する情報を他のパートナー様に提供する行為
(4) 他のパートナー様または第三者を誹謗中傷する行為
(5) 他のパートナー様または第三者の著作権その他の知的財産権及び保護されるべき法的権利を侵害する行為
(6) 他のパートナー様または第三者の財産またはプライバシーを侵害する行為
(7) 法令に違反し、もしくは違反するおそれのある行為または法令に違反し、もしくは違反するおそれのある情報を他のパートナー様に提供する行為
(8) 本プログラムで入手した情報の改変、翻案、編纂、修正、データベース化等を行う行為
(9) 本プログラムの運営を妨げるような行為
(10) 弊社および本プログラムの信用を毀損するような行為
(11) その他弊社が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為


11. 本プログラムの提供中止、中断および遅延

本プログラムの提供の中止、中断および遅延が発生する場合には、原則として弊社からパートナー様が本申込書に記載した連絡先に対し事前に通知を行うものとします。やむを得ない場合には事後に通知します。ただし、以下の事情に該当する場合は事前通知を行うことなく本プログラムの全部または一部の提供を中止または中断できるものとします。

(1) 天変地異、動乱その他不可抗力によって本プログラムの提供が困難となった場合
(2) Webサービス等のシステムの緊急保守を行う場合
(3) 上記以外の緊急事態により、弊社にて本プログラムの提供を中止または中断する必要があると判断した場合


12. 本プログラムの廃止

(1) 弊社は、本プログラムの全部または一部を廃止することがあります。ただし、本プログラムの全部を廃止するに当たっては、廃止しようとする日の1週間前までに、パートナー様が本申込書に記載した連絡先に対して通知を行います。
(2) 前号に基づいて本プログラムの全部の廃止を行うときは、廃止の日をもって当然に本プログラムが終了するものとします。


13. 機密保持

(1) 本プログラムによって、弊社よりパートナー様に提供されるすべての情報(書面、電磁的記録媒体その他の有体媒体(電子メールを含みます。)または口頭により開示されたすべての情報をいいます。)およびソフトウェアプログラムは、パートナー様による弊社製品の販売活動および広告宣伝活動の目的のみに利用し、第三者への開示も含めた他の目的のためには使用しないものとし、当該目的のために必要最小限度の範囲を超えて複製してはなりません。
(2) 本プログラムが期間満了または本プログラムの廃止により終了し、または第16項に基づきパートナー様の本プログラムへの参加が取り消された場合には、パートナー様は弊社より提供された各種提供物を直ちに弊社に返却するか、または、弊社の指示に従った措置を行うものとします。


14. 個人情報の取扱い

弊社は、本プログラムを提供するに際してパートナー様の個人情報、秘密情報、営業秘密等の重要な情報を取得する可能性があることを理解し、当該情報を弊社が定めるプライバシーポリシー(https://www.daj.jp/privacy/)に沿って、必要な限度でのみ閲覧、使用するとともに、第三者に対する漏洩、第三者からの不正アクセス等が生じないよう、適切な安全管理措置を講じます。ただし、弊社は、法令に基づき当該情報の開示が義務づけられた場合には、パートナー様の同意なく必要最小限の範囲で当該情報を第三者に開示する可能性があります。


15. 有効期間

本プログラムの有効期間は、本プログラムの提供開始日から1年間とします。ただし、期間満了の1か月前までに、弊社またはパートナー様から何らの申し出のない場合、本プログラムは同一の条件でさらに1年間更新されるものとし、以後も同様とします。


16. 本プログラムへの参加の取消し

弊社はパートナー様が以下のいずれかに該当した場合、催告をせず直ちに本プログラムへの参加を取り消すことができるものとします。

(1) 本規約に定める各条項に違反し催告後もその違反が是正されないとき。
(2) 支払いを停止し、または手形もしくは小切手を不渡りとしたとき。
(3) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始または特別清算開始等の申立てがあったとき。
(4) 仮差押、差押、仮処分または競売等の申立があったとき。
(5) 営業停止、営業免許の取消しまたは営業登録の取消し等行政上の処分を受けたとき。
(6) 資本減少、営業の廃止、解散等重要な決議をしたとき。
(7) 合併、解散または事業の全部若しくは重要な一部の譲渡または廃止を決議したとき。
(8) 弊社が提供するサービスの運営を妨害し、もしくは弊社の名誉、信用を毀損したとき、またはそのおそれがあるとき。
(9) 第三者をして本プログラムに支障を及ぼす行為を行わせたとき、またはそのおそれがあるとき。
(10) 本申込書の記載内容に不実虚偽の記載または重要な記入漏れがあったとき。
(11) パートナー様が本プログラムについて著作権法、特許法、不正アクセス禁止法、個人情報の保護に関する法律その他のパートナー様が遵守すべき法令規則に違反したとき、またはそのおそれがあるとき。
(12) 暴力団員等が経営を支配していると認められるとき、または認められる関係を有したとき。
(13) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有したとき。
(14) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有したとき。
(15) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有したとき。
(16) その他暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有したとき。
(17) 法人格のない個人の申込みであったことが判明したとき。
(18) 弊社の競合企業またはその委託を受けた者であると弊社が判断したとき。
(19) その他弊社がパートナー様に対して本プログラムを継続して提供しがたい重大な背信的行為があったとき。


17. 損害賠償

(1) パートナー様は、本プログラムへの参加に関し、自己の責めに帰すべき事由により、弊社に対して損害を与えた場合、通常生ずべき損害の範囲内(間接損害および逸失利益は含まれない。)でこれを賠償する責任を負うものとします。
(2) パートナー様は、本プログラムへの参加に関し、他のパートナー様またはその他の第三者から、クレームや請求を受け、または紛争が生じた場合は自己の責任と費用負担でこれを解決するものとします。


18. 免責

(1) 弊社は、故意または重過失による場合を除き、弊社による本プログラムの提供の廃止、中止、中断または遅延等、パートナー様が本プログラムに参加したことまたは参加できなかったことによりパートナー様に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。
(2) 弊社は、本プログラムおよび本プログラムに付随して提供されるメール、コンテンツその他の情報が、パートナー様の期待する水準に達していること、特定の目的に適合していること、ウイルス等に感染していないこと、掲載情報が正確であることおよび真実であること等を含め、いかなる保証もしません。


19. 本規約の改定

弊社は、パートナー様への事前通知を行うことなく本規約を改定することができるものとし、改定後は弊社とパートナー様との一切の関係に適用されるものとします。


20. 準拠法および裁判管轄

(1) 本規約の適用および解釈は、日本法に準拠するものとします。
(2) パートナー様は、弊社との間で本プログラムまたは本規約について訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。


■個人情報の取り扱いに同意のうえ、お進みください。

■個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)

デジタルアーツは、個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)を次のとおり定めます。
なお、本文中の用語の定義は、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます)及び関連法令によります。

1.関係法令・ガイドライン等の遵守

デジタルアーツでは、個人情報保護法その他の関係法令、個人情報保護委員会の定めるガイドライン等及び本プライバシーポリシーを遵守し、個人情報を適法且つ適正に取り扱います。

2.個人情報等の取得

デジタルアーツは、お客様の個人情報その他以下に定める情報(以上を合わせて以下「個人情報等」といいます)を適法且つ適正な手段により取得します。
なお、デジタルアーツが取得する個人情報等の内容は、その取得の方法に応じて以下のとおり区分されます。

(1)お客様から直接取得する情報
(お客様の情報)氏名、電話番号、住所、メールアドレス、生年月日、クレジットカード情報等
(利用者の情報)氏名、生年月日等
(2)端末情報等
お客様が利用しているパソコン、スマートフォン等の端末上でデジタルアーツが提供するサービスを利用する場合、デジタルアーツは、シリアルID、端末識別子、携帯端末識別子、フィルタリング設定、端末名、OSの種別やバージョン、アプリケーションのバージョン・バンドルID・ユーザーエージェント、閲覧ウェブページの情報・インターネット履歴(IPアドレス、リファラー等)、アプリケーションの利用時間、ネットワーク接続状態等をアプリケーションにより自動に又はお客様の入力により取得する場合があります。またデジタルアーツは、お客様が端末に関連付けた名前、端末の種類、電話番号、国、及びユーザー名、若しくはメールアドレスなど、お客様が提供することを選択したその他のあらゆる情報をアプリケーションにより自動に又はお客様の入力により取得する場合があります。
(3)位置情報
お客様が端末又は携帯端末上で、デジタルアーツが提供するサービスを利用し、そこで位置情報を提供することを認めた場合、デジタルアーツは、お客様の現在地に関する情報を取得することがあります。

3.個人情報の利用目的

デジタルアーツは、お客様の個人情報等について、以下の利用目的の範囲内又はその取得状況から明らかである利用目的の範囲内で利用し、ご本人の同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、他の目的で利用しません。デジタルアーツは、下記各号に規定する事項に利用する目的で、前項記載の個人情報等を収集する場合があります。

(1)お客様への「i-フィルター」サービスの提供(サポートを含む)
(2)デジタルアーツが取り扱う各種製品・サービスに関する案内
(3)デジタルアーツが主催・共催・協賛・出展するセミナー・展示会等に関する案内、申込みの確認、又は入場券等の送付
(4)デジタルアーツが行う顧客満足度調査等のアンケートの依頼
(5)デジタルアーツがお客様個人を特定できない形で個人情報を統計的に処理した情報を集約し分析する等して、調査結果としてまとめたものの公表
(6)デジタルアーツがお客様に対して行う業務上の連絡
(7)デジタルアーツがお客様との契約を履行する上で必要となる事項(各種サービスへの登録の確認等)
(8)デジタルアーツが行う各種製品・サービスの請求、支払とその確認等
(9)問合せ又は依頼等への対応、請求のあった資料等の送付
(10)デジタルアーツが行うマーケティング分析
(11)個人情報に関するデジタルアーツの社内諸規程及びコンプライアンス・プログラムに準拠した秘密保持契約等の契約を締結し、利用目的を精査・確認した上でのデジタルアーツのグループ会社、委託先及び第三者への個人情報の提供
(12)その他事前に通知し又は公表した目的
(13)契約上のデジタルアーツの責任を果たすため
(14)より良い製品・サービスを開発するため
(15)有用な情報をお届けするため
(16)本システムの基盤となっている第三者のサービスにおける通信量・容量を適切に保つため
(17)「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」(平成二十年法律第七十九号)における携帯電話インターネット接続役務提供事業者等に課される、同法が青少年が青少年有害情報の閲覧をすることを防止するための措置として規定する青少年有害情報フィルタリング有効化措置実施義務(同法第16条)の履行への協力として、青少年有害情報フィルタリング有効化措置に関する情報を携帯電話インターネット接続役務提供事業者等(デジタルアーツが取引する代理店等を通じて提供する場合も含む)へ提供するため

(注1)「デジタルアーツのグループ会社」とは、上記利用目的が遂行される時点で、デジタルアーツが総株主の議決権の過半数を所有する又は所有される会社をいいます。
(注2)個人情報等の提供は全てお客様からの任意となっております。ただし、デジタルアーツが依頼する個人情報等を提供がない場合は、問合せ又は依頼等への対応、資料等の送付、並びにサービスの提供等ができない場合があります。

4.共同利用

デジタルアーツは、デジタルアーツのグループ会社の販売促進活動、又はデジタルアーツのグループ会社が取り扱う各種製品・サービスの提供及び販売促進活動の充実を目的として、上記2で記載した個人情報等並びに試用版を含む「i-フィルター」サービスの利用状況又は契約状況に関する各種情報(ID等)を、デジタルアーツのグループ会社との間で共同利用することがあります。
また、デジタルアーツは、上記2で記載した個人情報を、デジタルアーツのパートナー企業との間で共同利用することがあります。パートナー企業における利用目的は上記3.第17号で定めるものと同様とします。
(注)パートナー企業とは、当社ビジネスパートナープログラムに参加している企業をいいます。一覧は当社ホームページをご覧ください。
デジタルアーツのグループ会社及びパートナー企業(以下「グループ会社等」といいます)への個人データの提供に際しては、個人情報に関するデジタルアーツの社内諸規程及びコンプライアンス・プログラムに準拠した秘密保持契約等の契約を締結し、適切な監督を行うものとし、共同利用される個人情報の管理は、デジタルアーツが責任を負います。デジタルアーツのグループ会社等への提供を停止することを希望するお客様は下記個人情報に関するお問合せ窓口まで連絡するものとします。

5.個人データの委託

デジタルアーツは、業務を円滑に進めお客様により良いサービスを提供するため、お客様の個人データの取扱いを協力会社に委託する場合があります。ただし、委託する個人データは、委託する業務を遂行するのに必要最小限の情報に限定します。

6.個人データの第三者提供

(1)デジタルアーツは、上記2に記載の方法で取得した個人データを、上記3第17号で記載した利用目的の達成に必要な範囲で第三者へ提供することがあります。
(2)デジタルアーツは、前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当すると認める場合は、本人の権利利益に最大限の配慮を払いつつ、個人情報を第三者に提供する場合があります。
①本人から同意を得た場合
②法令に基づく場合
③人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
④公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
⑤国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが、法令の定めにより遂行することに協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによりその遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
⑥利用者情報を個人が識別されない形式のデータに加工した場合

7.個人データの管理

(1)データ内容の正確性の確保
デジタルアーツは、お客様の個人データにつき、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確且つ最新の内容に保つとともに、利用する必要がなくなったときは当該個人データを消去するよう努めます。
(2)安全管理措置
デジタルアーツは、お客様の個人データの漏洩、滅失又は毀損の防止その他の安全管理のために必要且つ適切な措置を講じます。
(3)従業者の監督
デジタルアーツは、お客様の個人データを従業者に取り扱わせるに当たっては、個人情報の適正な取扱いを周知徹底するとともに適正な教育を行い、必要且つ適切な監督を行います。
(4)委託先の監督
デジタルアーツは、お客様の個人データの取扱いを委託する場合には、委託先には適切な安全管理措置を講じている協力会社を選定し、委託先に対し必要且つ適切な監督を行います。

8.保有個人データの開示等に関して

デジタルアーツは、お客様ご本人からの保有個人データ(個人情報保護法第2条第5項に定めるものをいいます)の開示、訂正、利用停止等のご請求に対して以下により適切に対応してまいります。

(1)デジタルアーツは、お客様から保有個人データの開示ご請求があった際には、デジタルアーツ業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合その法令に定める場合を除き、お客様に対して当該保有個人データの開示を行います。
(2)デジタルアーツは、保有個人データの内容が事実と異なる場合には、お客様からのご請求により、利用目的の達成に必要な範囲内において、当該保有個人データの内容の訂正、追加又は削除を行います。但し、訂正等を行うことによって、提供することが困難になる、若しくはできなくなる製品やサービスが発生する場合があります。
(3)デジタルアーツは、保有個人データが利用目的の制限に違反して取り扱われている場合、不正の手段により取得された場合、又は法令に違反して第三者に提供されている場合には、お客様からのご請求により、違反を是正するために必要な限度で当該保有個人データの利用の停止又は消去を行い、又は第三者への提供を停止します。但し、利用停止等を行うことが困難な場合であって、お客様の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとるときは、当該措置をもって利用停止に替えることとします。

9.開示等のご請求及びお問い合わせ先

お客様又はユーザーは、上記に記載した保有個人データの開示等の請求を行う場合は、デジタルアーツの定める手続に従うものとします。お客様又はユーザーは、デジタルアーツにおける個人情報保護に関して質問等がある場合には、下記個人情報に関するお問合せ窓口に対して問合せを行うものとします。
個人情報に関するお問合せ窓口 E-Mail: privacy@daj.co.jp

10.本プライバシーポリシーの改定について

デジタルアーツは、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直し、必要に応じて変更することがあります。その場合、改定版の公表の日から変更後のプライバシーポリシーが適用されることになります。
以上